イイ歳のおっさんがミニバイクにはまっちまた!


by designbox
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Spin 860( 7 )

まずはDT-703Rですがフロントを加工したのでテーブル飛んでも着地がましになりました!
着地した後のフロントのこしくだけが無くなったので直ぐにアクセル開けられる様になりました。
リアはチャンとオイルとガスは入っていましたがスカスカなのでイニシャルをかなり掛けました。
まあ楽しく走れる事が出来るレベルにはなったかな~?
(これ以上を求めるならマルゾッキ&Elka にしなくては無理)
エンジンはキャブのセッティングさえ合えばトルクフルで言う事無いですね!
今回雨だったので大変だったですが雨対策のカバーしてジェットを95番にしたら結構行けました。(晴れで走りて~)
703Rは足をもっと煮詰めて行けば、かなり良い物に出来上がりそうです!

DT-704改(Spin860)ですがフロント良いですチャンと仕事してるなて感じです!
ですがリアはもう一つです。スカスカなので(体重が重いからかな)
こいつもイニシャルをかなり掛けました。
走った感じではとても乗りやすいです。フロントが良いとジャンプが楽しい! (やりすぎて泥の中に・・)
704はツインチューブ中にキャブが有るので雨の中対策しなくても走れていましたが泥の中に水没してしまいエアクリ泥まみれで復帰できず・・・・残念!(ちなみにジェットは100番でした。)

このエンジンは中速がいい感じです。低速トルクは703Rの方がトルクフル総合的には704の方が扱いやすく感じました。
キョウセイでは704(Spin860)で行くので色んな走りを試してみたいです!
[PR]
by designbox | 2006-03-01 23:48 | Spin 860

シート張替え

シート張替えハスキーカラーにしたいのでブルーのシート(CRF用)が欲しいのに無いので
モーションのMXグリッパーシートで張り替えました。(生地がいっぱいアマッタ)
f0063246_19414526.jpg

f0063246_19422160.jpg

f0063246_19425442.jpg

f0063246_19431032.jpg

こんなもんかな?自分では綺麗に出来たと思うのですが?
[PR]
by designbox | 2006-02-22 19:47 | Spin 860

カーボン調

シュラウドとフォークカバーをカーボン調にしました。
イージーグラフィックスと言う加工方法です。
水槽の水を28度~30度程度に温めます。
特殊フイルムに定着剤を塗り水面に模様を崩さない様に浮かべます。
(これが難しいところで~す。)
そして転写する商品を上から落としこみます。(これも難しい!浸け方ひとつでやり直しです。)
f0063246_199097.jpg

f0063246_19101383.jpg

f0063246_1911658.jpg

それからお湯で綺麗に洗います。
f0063246_19131158.jpg

次は乾かしてクリアで押さえます。
f0063246_191514100.jpg

乾いたらマスキングして文字やマークを入れます。
f0063246_19181077.jpg

次に捨てクリアを塗りペーパー掛けして文字との段を滑らかにして本クリアを塗ります。
(ちなみに本クリアはRMの最高級のスタートップHSで~す。)
f0063246_19242822.jpg

f0063246_19312648.jpg

これで出来上がり。全体こんな感じになりました。
ハスキーカラーを意識しました。
f0063246_19301488.jpg

[PR]
by designbox | 2006-02-22 19:32 | Spin 860

ベースカラー編

サフェーサーを塗ったつぎの日にペーパー掛け(乾燥室入れればその日に出来ますが時間が無い時だけです。)
このペーパー掛けも仕上がりに影響するのでしっかりしないとだめです。
f0063246_1916660.jpg

綺麗に水をふき取って乾燥室へ
f0063246_19182526.jpg

乾いたら脱脂剤をウエスに付けて塗装する面を綺麗に拭くこの時 すぐに綺麗なウエスで乾拭きをする。
塗る前にもう一度タッククロスでホコリや静電気を除去してやる。
f0063246_19315623.jpg

これでやっとベースカラーを塗りは閉めます。
一度に塗らずにインターバルをとって二回から三回に分けて塗ります。
f0063246_19374727.jpg

f0063246_193967.jpg
f0063246_19401737.jpg

塗れたら乾燥室へ
f0063246_19451112.jpg

今回は3色使ってのカラーリングです。(1色はカーボン調を使います)
今日はココまで~す。
[PR]
by designbox | 2006-02-19 19:53 | Spin 860

手作り設計塗装ブース

taka@フラモン さん
自分で設計して工務店さんにしてもらった塗装ブースで~す。
上から吸気して下から排気する方式をしています。
f0063246_15717100.jpg

f0063246_14402813.jpg

下からスプレーミストを吸い込むようにしています。
そのスプレーミストを水面で吸着させてから排気させています。
もちろんフィルターを通してね(ご近所に怒られるますから・・・)
ですが隣が吹きさらしの板金塗装店でシンナーの臭いは全部そちらのお店の臭いと思っているみたいで助かっています。
f0063246_1503820.jpg

f0063246_1511766.jpg

f0063246_1514289.jpg

f0063246_152459.jpg

[PR]
by designbox | 2006-02-17 15:08 | Spin 860
まずは、パーツをペーパー掛けして行きますが、過去にワックス掛けをしているパーツは表面の汚れや油分を脱脂剤でふき取ってやります。今回は新品だったので省略しました。
f0063246_20213212.jpg

f0063246_19392665.jpg

バケツに水を入れたら台所でよく使う中性洗剤を数滴入れてその水でペーパー掛けします。
寒いので冬はお湯でしています。番手は#400位で足付けします。
この工程が一番地味ですが、なにより仕上がりに影響する工程です。
掛けのこしの無いようにしなくてはなりません。
f0063246_1940931.jpg

掛け終わったパーツは水気を飛ばして乾燥させます。
f0063246_1942058.jpg

乾燥したら脱脂剤でパーツのホコリや油分を綺麗にでふき取ってやりますその上タッククロスで
ホコリや静電気を除去してからペイント開始です。
f0063246_19521798.jpg
f0063246_19524822.jpg

まず最初にユニコン樹脂プライマー(石原薬品)を二回塗り半乾き5分以内にサーフェーサー塗ります。(私の使っているサーフェーサーはRMファストフィラーです。)
樹脂パーツは曲りに対する処置をしなくてはいけないのでサーフェーサーに柔軟剤(RMフレックス)を20パーセント加えます。
f0063246_201428100.jpg

f0063246_2015037.jpg

f0063246_20155413.jpg

f0063246_20193177.jpg

そして乾燥させます。
つぎはベースカラーです。きょうはココまで~す。
[PR]
by designbox | 2006-02-13 21:06 | Spin 860
ペイントしようと思い外装を並べてみたらCRF50の外装よりデカイ(形状が微妙に違います。)
DT704専用の外装みたいです。

f0063246_1963429.jpg


しかも肉厚があるのでしっかりしています。
f0063246_19142459.jpg

f0063246_19144713.jpg


シートも幅と長さが微妙に違います。
f0063246_19305794.jpg


皆さんに走りでは負けるので
レースまでには、カラーリングして綺麗で勝とう?
[PR]
by designbox | 2006-02-12 19:39 | Spin 860